お役立ち情報

相談内容

妻が3年ほど前から正社員として働いている会社があります。1年ほど前から休日に出勤する事が増え、妻に尋ねると重要な仕事を任せられるようになったと言われました。入社2年目の社員にそんな仕事を任せるかという部分は当初から気にはなっていました。家でも仕事の電話をすることが増え着信画面にはいつも同じ男の名前が出ていました。妻の社員旅行の写真を見る機会があり、ツーショットの多い男性について何気なく名前を聞いてみると直属の上司で着信画面の名前と同じでした。その男性と親密な関係があると感じたため、今度出張で大阪に行く際に誰と行くのかどこに泊まるのかなどを確認したいです。浮気をしているようでしたら、浮気相手に慰謝料請求を考えています。

妻が会社の上司と浮気している際に調査が必要な場合

W・O様が今回浮気調査を行うにあたり浮気の事実があった際に慰謝料請求をお考えという事ですので、証拠収集が必要になります。慰謝料請求を行う場合には、法的に請求することも可能なレベルの証拠を収集を行う事を推奨しています。現在浮気の事実確認や第三者が見た際に誰が浮気をしているのかが明確にわかる証拠がなく、ご自身で証拠収集が難しいと感じた場合には専門家による調査が必要になります。

調査結果

事前に大阪に行くことがわかっていたため、東京から同じ新幹線へ乗車し大阪でも調査を行いました。新幹線に乗るまでは手を繋ぐなどは一切ありませんでしたが、新幹線内では肩にもたれかかったり、かなり近い距離で会話をしていました。大阪に着き尾行調査を行うと道中では何もありませんでしが、コンビニでお酒などを買い込みビジネスホテルで同じ部屋に2人で泊まることがわかりました。大阪滞在中は仕事以外はほとんど部屋から出て来ませんでしたが、手を繋いでコンビニに行く姿などを確認する事が出来ました。

解決までにかかった費用

調査費用 220000円
調査経費(交通費など) 32000円
合計 252000円

調査後の問題解決までのサポート

浮気に関するトラブルは当事者同士の話し合いだけでは相手が浮気を認めない場合もあり、慰謝料請求などもお考えの方は第三者を交えた話し合いや法的に離婚や慰謝料請求の手続きを取る事が多くあります。そのため浮気問題の解決に取り組む際には、弁護士と連携を取りながら調査を行う事の出来る調査会社を選ぶ事が重要だと言えます。浮気総合調査センターでは調査段階から法律事務所と連携を取り、調査終了後も問題を解決するまでサポートを行っております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。