お役立ち情報

相談内容

同じ職場の同期だった夫とは交際3年で結婚し、結婚してから2年経ちます。夫から性格が合わないとの事で突然離婚を言い渡されました。突然の事でかなり動揺したので後日また話し合おうという事になったのですが、冷静になると最近のおかしな点が気になりました。先輩と飲みに行く事が明らかに増えたのですがどの先輩かは言わなかったり、スマホにロックをかけ始めたり今までとは違う行動をしていました。私は結婚を機に仕事を辞めたのですが、今も夫と同じ職場の友人から、夫が後輩(女)とよく一緒にいるのを見るという情報をもらいました。最近のおかしい点や離婚を言いだしたタイミングがあまりにも繋がるため、浮気調査にて浮気の事実確認や浮気をしていた場合には証拠が欲しいと思い依頼させていただきました。

夫から突然離婚を言い渡された際に浮気調査による解決が必要な場合

ご主人の浮気相手がご主人と同じ職場の人物の可能性が高いという事ですので、二人で一緒にところを見たり仕事のない休日に会っていたとしても、仕事の話しをしていたや相談を受けていたと言われた場合に浮気関係にあるのかを判断する事は難しいと言えます。そのため浮気の証拠を収集したいとお考えの場合には、自宅やホテルなどの密室空間にある程度の時間いたことを証明する必要があります。現在浮気の事実確認が出来ていなかったり、ご主人が浮気をしているのかが明確にわかる証拠がな場合には専門家による調査が必要になる場合がございます。

調査結果

事前に打ち合わせを行い、金曜日の仕事帰りが浮気相手と会う可能性が高いという事で、翌週の金曜日に調査を行いました。御主人の勤務先から調査を行ったところ、事前情報通りの時間に退勤し自宅とは逆方向の電車に乗りました。電車に乗車する際は何度も周囲を見渡す様子があり、蒲田駅で20代前半の女性と合流し居酒屋へ行った後にラブホテルへ入りました。翌日昼過ぎまで食事や買い物をした後帰宅し、奥様には終電を逃したため友人の家に泊まると言っていたそうです。翌日女性の顔写真を確認していただき会社の後輩である事が判明しました。

解決までにかかった費用

調査費用 190000円
調査経費 6000円
合計 196000円

調査後の問題解決までのサポート

浮気に関するトラブルは当事者同士の話し合いだけでは相手が浮気を認めない場合もあるため、事前に浮気の証拠を収集しておくことを推奨しています。離婚や慰謝料請求などもお考えの方は、今後法的な手続きを取る事が多いため弁護士と連携を取りながら調査を行う事の出来る調査会社を選ぶ事が重要だと言えます。浮気総合調査センターでは調査段階から法律事務所と連携を取り、調査終了後も問題を解決するまでサポートを行っております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。